用語解説辞典

用語解説辞典 知りたい用語はここで検索

用語解説辞典トップに戻る

【メールエイリアス】

 電子メールの追加機能のひとつ。一部のプロバイダーや電子メールソフトなどで利用できる。

 たとえば会社で、ユーザー名の部分に個人名が含まれた電子メールアドレスを支給されているとしよう。しかし、会社のウェブサイトを管理している人が、個人名が含まれた本来のメールアドレスだけでなく、webmaster というユーザー名も使いたいとする。

 この場合、2つのメールアドレスを並行して利用したり、webmaster 宛てのメールを本来のメールアドレスに転送する方法がある。そして、これらとは別にメールエイリアスを使う方法がある。

  メールエイリアスは、単に「別名」とか「ニックネーム」とも呼ばれることがある。つまり、実際にはメールアドレスではなく、単に仮の名前といったイメージだ。

 そのため、受信したメールを保存しておくメールボックスがなく、即座に本来のアドレスに転送される。ただし、必要なときはメールエイリアスのアドレスから電子メールを送ることも可能だ。

 人間に例えると、本来の電子メールアドレスが本名で、メールエイリアスは芸名やペンネームといった感じ。本名非公開の芸能人がいるのと同じように、メールエイリアスを使うことで本来のメールアドレスを隠すといった利用法も考えられる。

 ただし、この機能を利用できるのは同じドメイン内だけ。つまり、メールアドレスの@以降が同じでないといけない。また、複数のメールエイリアスを作ることも可能。ただし、利用しているサービスによって数に制限があるのが普通だ。

 メールエイリアスが不要になったら、そのアドレスを削除できる。ただし当然のことながら、そのアドレス宛ての電子メールは届かなくなり、相手にエラーメッセージが送信されるようになる。

めの一覧に戻る

用語解説:下島 朗(株式会社エントラータ)監修

page top