用語解説辞典

用語解説辞典 知りたい用語はここで検索

用語解説辞典トップに戻る

【メタ言語】

 コンピュータ言語を作るための言語、といわれるもの。

 コンピュータ言語というのは、コンピュータが解釈できるカタチでコンピュータに対する命令を書くための文字や記号の集まり。本格的なソフトウェアを作るときは、プログラミング言語と呼ばれる高度なコンピュータ言語を使う。

 一方、普通の文字で書かれた文書の見栄えを整えたり、文字の大きさや太さ、色などを指定するために、本文中に記号を書き加える簡単なコンピュータ言語がある。これは、マークアップ言語と呼ばれる。

 こうしたコンピュータ言語では、どんな指示を出すときにどんな命令を使うか決まっている。しかし、命令の出し方は決まっているものの具体的な命令語が決められていない言語がある。これがメタ言語で、その代表として XML がある。

 XML はタグと呼ばれる記号を本文中に入れ込むことで、その情報の種類などを規定できる。しかし、どんなタグを使うかは自分で決めなければいけない。というか、自分で自由に設定できるところが、ウェブページの作成に使われている HTML との大きな違いになっている。

 なお、メタ言語に意味を持たせるために使う言語をスキーマ言語という。メタ言語とスキーマ言語を組み合わせることで、マークアップ言語として機能する。

めの一覧に戻る

用語解説:下島 朗(株式会社エントラータ)監修

page top