用語解説辞典

用語解説辞典 知りたい用語はここで検索

用語解説辞典トップに戻る

【メガキャリア】

  • キャリア

 情報通信の世界で「キャリア」というと、自社で通信設備を持っている第一種電気通信事業者のこと。具体的には、NTTなどの電話会社、携帯電話会社、CATV(ケーブルテレビ)会社など。

 ということは、そう、自社で通信設備を持っていないけど、設備を借りて通信事業を行っている会社もあるわけだ。この場合は、第二種電気通信事業者になる。

 最近は、大手通信事業者同士が国境を越えて合併や業務提携し、世界規模で総合的な通信事業を行う動きが広まっている。こうした巨大通信事業者をメガキャリアと呼ぶこともある。


 キャリア(carrier)という言葉は、いろいろな意味で使われているけど、本来はキャリー(carry)に「er」を付けたもので、辞書を引くと「運送人」「配達人」「荷台」「運搬装置」といった意味が出てくる。なんと「航空母艦」とか「病原菌の保有者」なんて意味もある。

 さらに日本では、経歴や履歴のことを「キャリア」といったり、国家公務員I種試験に合格して中央省庁で働く人を「キャリア組」といったりするのでややこしい。

 新聞などでも最近は、情報通信関連の記事の中で何の説明もなく「キャリア」という言葉が出てくることがある。この場合は、ほぼ間違いなく「通信事業者」のことだと思っていいだろう。

めの一覧に戻る

用語解説:下島 朗(株式会社エントラータ)監修

page top