用語解説辞典

用語解説辞典 知りたい用語はここで検索

用語解説辞典トップに戻る

【メカニカルシャッター】

 カメラの、シャッターの方式のひとつ。従来のフィルムカメラは、メカニカルシャッターを使っていた。

 本来のシャッターはカメラの中にある黒い幕で、フィルムの前面に設置されている。そして、シャッターボタンを押すと、この幕が開いてレンズから入った光がフィルムに当たる。そして、設定された時間(1/60秒や 1/250秒など)で閉じる。この、シャッターが開いている間に写真が撮れるわけだ。

 そして、このような機構をメカニカルシャッターという。機械式のシャッターという意味だ。

 一方、デジタルカメラは電子シャッターという仕組みを使っている。これは、CCD や CMOSセンサーが光を受け、一定時間に溜まった電気量を取り出す。つまり、実際にはシャッターは存在しない。

 電子シャッターの場合、画面に強い光が入ると縦に白い線が出ることがある。これを、スミアという。そして、スミアを防止するためにメカニカルシャッターを併用しているデジタルカメラもある。

 なお、従来のフィルムカメラでも電子シャッターということがある。これは、シャッターの開閉に電子制御を使っているものを指す。この場合も、機構的にはメカニカルシャッターになる。ただし狭義では、電子制御を使わない旧式のシャッターだけをメカニカルシャッターということもある。

めの一覧に戻る

用語解説:下島 朗(株式会社エントラータ)監修

page top