用語解説辞典

用語解説辞典 知りたい用語はここで検索

用語解説辞典トップに戻る

【ムービーカメラ】

  • ビデオカメラ

 映像(動画)を撮影・記録するためのカメラ。

 以前は、ミニDVテープに記録する機種が多かった。この方式のビデオカメラを DVカメラという。DVは、デジタルビデオの略。

 ミニDVテープには、約60~80分の録画ができる。このほかに、もっと大きなスタンダードDVテープがあって、こちらは約120~270分の録画ができる。ただし一般の DVカメラでは、スタンダードDVテープは使えない。

 最近では、直径8cmの記録型DVDに映像を記録したり、内蔵ハードディスクに映像を記録するビデオカメラも普及している。前者を DVDカム、後者を HDDカムと呼ぶ。

 DVDカムで録画した DVD は、DVDプレーヤーや DVDレコーダーで再生することもできる。HDDカムで録画した映像は、パソコンに取り込んで保存・再生するのが一般的だ。ちょっと面倒だけど、HDDカムには他の方式より長時間録画ができるというメリットがある。

 なお、一般的にはビデオカメラとムービーカメラは同じものと考えていい。ただし狭義では、ハードディスクやメモリーカードに MPEG形式などで映像を記録する簡易的な動画カメラをムービーカメラと呼ぶことがある。

むの一覧に戻る

用語解説:下島 朗(株式会社エントラータ)監修

page top