用語解説辞典

用語解説辞典 知りたい用語はここで検索

用語解説辞典トップに戻る

【ミラーレス一眼】

 デジタルカメラ(デジカメ)の分類(カテゴリー)を表す言葉。

 今は、携帯電話やスマートフォンにもカメラ機能が付いている。しかしこれらを除く、単体のデジタルカメラとして販売されている機種は従来、大きく2種類に分類できた。

 まず、本体が小型でレンズ交換できないコンパクトカメラ型のデジカメ。もうひとつが、本体が大きめでレンズ交換が可能、そして高性能な一眼レフタイプのデジカメだ。どちらも、フィルムカメラの時代からあった方式を踏襲している。

 一眼レフは別のページで説明しているように、カメラ本体に鏡が入っている。そのため、どうしても構造的に一定の厚みが必要なる。これは、フィルム時代には避けられないことだった。

 しかしデジタルカメラの時代になって、液晶画面で画像を確認しながら撮影することが一般化した。そして、この方式だとレンズ交換が可能な高性能カメラでも内部の鏡をなくすことが可能になった。

 そのため、従来の一眼レフカメラより本体を薄くできる。こうして製品化されたのが、ミラーレス一眼と呼ばれるカメラだ。ミラーレスは「鏡がない」という意味。

 その結果、コンパクトデジカメでは物足りない、レンズ交換をしてさまざまな写真表現を楽しみたい。しかし、従来の一眼レフは重くて大きすぎる。という人たちに支持されて、ミラーレス一眼というカテゴリーの製品が一定の人気を得るようになった。

みの一覧に戻る

用語解説:下島 朗(株式会社エントラータ)監修

page top