用語解説辞典

用語解説辞典 知りたい用語はここで検索

用語解説辞典トップに戻る

【ミラーサイト】

  • ミラーサーバー
  • ミラーリングサイト
  • ミラーリングサーバー

 インターネットで提供されているウェブページなどのデータは、サーバーというコンピュータに保存されている。そして「このデータが見たい」というリクエストが来ると、サーバーがデータを送り返す仕組みになっている。

 たとえば、今読んでいる「ミラーサイト」の説明文も、情報提供元のウェブサーバーに保存されている。そして、あなたの「ミラーサイト」の説明を見たいというリクエストに応えて、該当するデータがあなたのパソコンに送り出された。

 さて、利用者が少ないときはいいけど、たくさんの人が同時に同じウェブページにアクセスすると困ったことが起きる。サーバーが、たくさんのリクエストに応えきれなくなってしまう。また、サーバーにつながっている通信回線でデータの渋滞が起きる。そうすると、せっかくアクセスしてくれた人が、イライラしながら待たないといけない。

 そこで、まったく同じ内容のサーバーをもうひとつ用意して、アクセスを分散させることがある。この「同じサーバー」を「ミラーサーバー」とか「ミラーリングサーバー」という。「ミラー」は、鏡という意味のミラーで「忠実に映し出すもの」という意味がある。つまり、元のサーバーの内容を完全にコピーしてあると思えばいい。

 ミラーサーバーをおくと、アクセスの混雑緩和だけでなく、片方のサーバーに不具合が起きても運営を続けられるとかデータを失わずにすむといったメリットもある。特にアクセス数の多いサイトだと、日本国内だけで数カ所、あるいは日本とアメリカとか、たくさんのミラーサーバーをおいている例もある。

 なお「ミラーサイト」とか「ミラーリングサイト」という場合も、ほぼ同じ意味と思っていい。ただし「サイト」というと、データを保存しているコンピュータではなく情報提供サービス全体を指すイメージが強い。

 また、ミラーサーバーといった場合、保存されているデータではなくコンピュータ自体を指すこともある。

みの一覧に戻る

用語解説:下島 朗(株式会社エントラータ)監修

page top