用語解説辞典

用語解説辞典 知りたい用語はここで検索

用語解説辞典トップに戻る

【ミッションクリティカル】

 24時間、365日、止まってはいけないコンピュータ・システムを「ミッションクリティカルなシステム」なんていう。

 たとえば、大企業の基幹システム。メインフレームと呼ばれる大型コンピュータの中に、財務データや受発注データなど膨大なデータが記録されている。あるいは、インターネットを通じて商取引を行っている企業のコンピュータ。止まると注文を受けられなくなるし、受注データや顧客データが消えると大変なことになる。銀行などのオンライン・システムも24時間動きっぱなしだ。

 今は、このように一瞬たりとも止まってはいけない、止まると大きな損失が出たり、社会的信用を失ったり、場合によっては生活に悪影響が出るようなコンピュータ・システムがたくさん動いている。そして、このような重大な状況を表すために、ミッションクリティカル(mission critical)という言葉が使われている。

 で、絶対に止めないために、こうしたコンピュータには厳重な対策が取られている。たとえば、同じコンピュータを2台同時に動かして一方が止まっても、もう一方が動き続けるとか、電源が入ったまま保守点検や修理が行えるとか、停電のときは瞬時に無停電電源装置や自家発電装置に切り替わるとか。さらに、不正アクセスなどから守るために24時間、監視し続ける仕組みなどが用意されている。

みの一覧に戻る

用語解説:下島 朗(株式会社エントラータ)監修

page top