用語解説辞典

用語解説辞典 知りたい用語はここで検索

用語解説辞典トップに戻る

【マークアップ言語】

 比較的簡単なコンピュータ言語のひとつ。

 コンピュータ言語というのは、コンピュータが解釈できるカタチでコンピュータに対する命令を書くための文字や記号の集まり。本格的なソフトウェアを作るときは、プログラミング言語と呼ばれる高度なコンピュータ言語を使う。

 一方、普通の文字で書かれた文書の見栄えを整えたり、文字の大きさや太さ、色などを指定するために、本文中に記号を書き加える簡単なコンピュータ言語がある。これが、マークアップ言語と呼ばれるものだ。

 その代表は、ウェブページの作成に使われている HTML。試しに比較的簡素なページを保存してワープロソフトやエディタで開いてみると、本文の前後に <  > で囲われた記号を見ることができる。この記号をタグと呼ぶ。

 ほかに、HTML の元になった SGML や TeX といったマークアップ言語がある。HTML より複雑な操作が可能な XML は、タグの使い方は規定しているものの、タグの種類は規定していない。というか、タグの種類を自分で設定できるのが XML の特徴だ。そのため XML は、マークアップ言語ではなくメタ言語に分類されている。

まの一覧に戻る

用語解説:下島 朗(株式会社エントラータ)監修

page top