用語解説辞典

用語解説辞典 知りたい用語はここで検索

用語解説辞典トップに戻る

【マルチファンクションカード】

 一般的には、複数の機能を持つPCカードのこと。

 マルチ・ファンクション・カードと分解して意味を考えると分かりやすい。マルチは「複数の」、ファンクションは「機能」という意味で、カードは通常「PCカード」を指す。

 たとえば、カード型モデムとLANカードを兼ねたマルチファンクションカードがある。ノートパソコンを、会社ではLANに接続し、外出先では一般の電話回線(アナログ回線)とモデムで通信するといった場合に便利だ。LANに接続した状態でモデムを使うこともできる。

 ただし、どちらか一方の機能が古くなった場合、買い換えのタイミングが難しい。モデム兼LANカードの場合、LANカードとしてはまだ十分に使えるのに、モデムの速度が遅くなってしまった、なんてことが実際に起きた。ま、こうした場合は、最新のモデム機能だけのカードを買って、差し替えて使えばいいんだけど。

 ちなみに最近では、CFカードでもPCカード並の機能を持った製品が発売されている。そのため、マルチファンクションのCFカードなんてこともあるだろう。

 それと、デスクトップパソコンに機能を追加するための拡張ボードのことを、○○カードという場合が多い。そのため、1枚で複数の機能を持った拡張カード(ボード)を、マルチファンクションカードという可能性も考えられる。

まの一覧に戻る

用語解説:下島 朗(株式会社エントラータ)監修

page top