用語解説辞典

用語解説辞典 知りたい用語はここで検索

用語解説辞典トップに戻る

【マクロセル】

 主に携帯電話で使われてきた基地局の方式。

 携帯電話は、トランシーバーのように端末(電話機)と端末との間で直接電波を飛ばしているわけではない。街中に設置されたアンテナまで電波を飛ばし、アンテナから電話局、電話局から相手が接続しているアンテナまでは光ファイバーなどの電話回線網を使っている。

 アンテナは電波やデータを送受信する設備とセットになっていて、この装置を基地局と呼ぶ。そして、ひとつの基地局から電波が届く範囲をセルという。

 携帯電話のセルは通常、半径数百メートルから数キロメートルと大きい。そしてこれを、マクロセルと呼ぶ。マクロ(macro)は「巨大な」といった意味。一方、 PHS は半径数十メートルから数百メートルの小さなセル方式を採用してきた。これを、マイクロセルという。

 マクロセルの方が、ひとつの基地局で広いエリアをカバーできる。しかし、当初は主に屋外に設置してきたため、大きな建物の陰や山間部、あるいは地下街などは電波が届きにくいという問題があった。

 さらに、郊外のように人口密度の低い場所では、ひとつの基地局で広い範囲をカバーできることがメリットになるものの、都市部のように人口密度が高い場所では、ひとつの基地局に通信が集中すると接続できなくなったり通信品質が下がったりする。

 こうした状況を改善するために、携帯電話サービスでもピコセルやフェムトセルと呼ばれる小型の基地局の導入が進んでいる。

まの一覧に戻る

用語解説:下島 朗(株式会社エントラータ)監修

page top