用語解説辞典

用語解説辞典 知りたい用語はここで検索

用語解説辞典トップに戻る

【マクロウイルス】

 マクロ機能を使って作られたコンピュータウイルス。

 まず、マクロとは何か。高機能なビジネスソフトや業務用ソフトには、頻繁に行う操作を登録して、自動的に実行させる機能がある。これをマクロという。マクロには、実際に操作を行って手順を登録する方法と、プログラムのようなものを作る方法がある。

 コンピュータウイルスは、パソコンに危害を加えたりイタズラ目的で作られた悪意のプログラム。

 最近のマクロ機能は、ほとんどプログラム言語といっていいほど高機能になっている。そのため、自動的にデータを削除したり、自分のコピーを作ることもできるようになった。そして、こうした高機能を悪用して作られたのがマクロウイルスだ。

 特に有名なのが、マイクロソフトのワードやエクセルのマクロ機能で作ったもの。ワープロ文書などにマクロウイルスを付けて、その文書を電子メールの添付ファイルにして無差別に送る。そして受け取った人が、うっかり文書を開くとマクロウイルスに感染する。

 対策は、普通のウイルスと同じ。まず、怪しい添付ファイルは安易に開かない。知っている人から届いた電子メールでも、本人が気づかないうちにウイルスが勝手に送信していることがある。それと、ウイルス対策ソフトを正しく使うことだ。

 マクロ機能は、普通のパソコンユーザーでも少し勉強すれば扱うことができる。そのため、既存のマクロウイルスに少し手を加えただけの新種が続々と登場した。こうした新種に対応するには、ウイルス対策ソフトのウイルス定義ファイルを常に最新にしておく必要がある。

まの一覧に戻る

用語解説:下島 朗(株式会社エントラータ)監修

page top