用語解説辞典

用語解説辞典 知りたい用語はここで検索

用語解説辞典トップに戻る

【マウス】

 パソコンの画面上の矢印(マウスカーソル)を動かすための装置。正式には、コンピュータ・マウスという。

 なお、かつてマイクロソフトが行っていた検定試験の「マウス」(現・MOS)について知りたい人はMOUSのページを見てほしい。

 コンピュータ・マウスはデスクトップパソコンのキーボードの横で使う小型の機器。形と大きさがハツカネズミに似ているので「マウス」と呼ばれるようになったそうだ。

 以前は、中に入っているボールが転がって、その転がり具合に対応して画面上のカーソルが動く方式だった。今は、光で移動量を量る方式のマウスが普及している。詳しくは、光学式マウスやレーザー式マウスのページを見てほしい。

 パソコン本体とマウスは、従来はシリアルポートやPS/2という方式で接続するのが一般的だった。今はUSB接続のマウスが多い。パソコン本体と接続するためのコードがないワイヤレス・マウスもある。

 マウスにはボタンがあって、それを押すことで操作する。具体的な操作方法はクリック、ダブルクリック、右クリックのページを見てほしい。

 ウィンドウズパソコンでは従来、ふたつボタンのマウスが使われてきた。今は、ボタンの間にホイールのあるタイプが主流になっている。これについては、ホイール操作のページで。さらに、3つボタンや5つボタンのマウスも存在する。

 マックは一貫して、ひとつボタンのマウスを使っている。ボタンではなくマウス全体を押すタイプもある。

 なお、画面上の一点を指し示すための機器をポインティング・デバイスという。マウスは、その代表だ。ほかに、主にノートパソコンで使われているトラックボール、トラックポイント、ポインティング・スティックといったものがある。

まの一覧に戻る

用語解説:下島 朗(株式会社エントラータ)監修

page top