用語解説辞典

用語解説辞典 知りたい用語はここで検索

用語解説辞典トップに戻る

【マイクロソフト・オフィス・スペシャリスト】

  • MOS
  • MOUS
  • Microsoft Office Specialist

 マイクロソフトが認定している世界共通の資格試験のひとつ。以前は、Microsoft Office User Specialist を略して MOUS(マウス)と呼ばれていた。現在は、Microsoft Office Specialist(マイクロソフト・オフィス・スペシャリスト)という名称に変り、MOT と略すことが多い。

 この試験の合格者は、ワードやエクセルなどマイクロソフト社のオフィスソフトを使いこなす能力があると認められる。現在、一般レベルとエキスパートに分かれていて、一般レベルは普通のパソコンユーザーが最初に狙う資格試験として人気が高い。

 この試験は、特定の職業に就くための資格試験ではない。しかし、この試験に合格すれば、ある程度パソコンが使えることを客観的に示すことができる。もちろん履歴書に書くこともできる。

 また、パソコン(ソフト)には複数の操作方法がある。たとえば、ファイルを開くとか保存するといった基本的な操作にも、いろいろなやり方がある。あるいは、せっかく用意されているのに知らずに使っていない便利な機能もたくさんある。試験勉強をすることで、標準的かつ効率的な操作方法が身に付くというメリットもある。

 マイクロソフトはほかにも、MCP、MOT、MSS、MCAといった資格の認定を行っている。これらは、より専門的でレベルが高い。

 また、ソフトメーカーが行っている検定試験としては、ほかにジャストシステムの一太郎検定などがある。メーカー以外の団体が行っているものとしては、(財)日本情報処理開発協会が行っている初級シスアドや、日本商工会議所が行っているワープロ検定などがある。

まの一覧に戻る

用語解説:下島 朗(株式会社エントラータ)監修

page top