用語解説辞典

用語解説辞典 知りたい用語はここで検索

用語解説辞典トップに戻る

【マイクロソフト・アップデート】

  • Microsoft Update

 マイクロソフト製のソフトウェアを最新の状態に保つために提供されているサービス。

 パソコンのソフトは、発売後も新機能が追加されたり問題点の修正が行われたりして、どんどん進化している。最近は、特にセキュリティ関連のアップデートが多い。これを放置しておくと、ウイルスの標的になったり、不正アクセスの踏み台にされたりする可能性がある。

 従来、マイクロソフトは、ウィンドウズ・アップデートという機能で、ウィンドウズやインターネット・エクスプローラなどのアップデートを行なってきた。これとは別に、オフィス・アップデートや マイクロソフト ダウンロード センターでも、それぞれ対応する製品の修正プログラムが提供されていた。

 しかし、それぞれ個別にアップデートするのは面倒だ。そのため、2005年6月ごろからマイクロソフト・アップデートが開始され、窓口が一本化された。マイクロソフト・アップデートでは、ウィンドウズ関連のほか、オフィスソフトなど主要製品のアップデートもまとめて実行できる。

 マイクロソフト・アップデートに対応している製品は、ウィンドウズ2000、ウィンドウズXP、ウィンドウズサーバー2003、オフィスXP、オフィス2003、SQLサーバー2000 SP4、およびこれらの後継製品。対応した基本ソフトでウィンドウズ・アップデートを開くと、マイクロソフト・アップデートへのリンクが表示される。

 ウィンドウズ・アップデートからマイクロソフト・アップデートへ変更する際は、ActiveXコンポーネントを受け入れる(ダウンロードする)必要がある。この作業は1回だけで、その後は「スタート」メニューの「すべてのプログラム」から「Microsoft Update」を選ぶことができる。

まの一覧に戻る

用語解説:下島 朗(株式会社エントラータ)監修

page top