用語解説辞典

用語解説辞典 知りたい用語はここで検索

用語解説辞典トップに戻る

【マイクロセル】

 主に PHS で使われてきた基地局の方式。

 携帯電話や PHS は、トランシーバーのように端末(電話機)と端末との間で直接電波を飛ばしているわけではない。街中に設置されたアンテナまで電波を飛ばし、アンテナから電話局、電話局から相手が接続しているアンテナまでは光ファイバーなどの電話回線網を使っている。

 アンテナは電波やデータを送受信する設備とセットになっていて、この装置を基地局と呼ぶ。そして、ひとつの基地局から電波が届く範囲をセルという。

 携帯電話のセルは通常、半径数百メートルから数キロメートルと大きい。そしてこれを、マクロセルと呼ぶ。一方、PHS は半径数十メートルから数百メートルの小さなセル方式を採用してきた。これを、マイクロセルという。マイクロ(micro)は「微小の」といった意味だ。

 マクロセルの方が、ひとつの基地局で広いエリアをカバーできる。しかし、大きな建物の陰や山間部、あるいは地下街などは電波が届きにくいという問題がある。

 これに対してマイクロセルは、広いエリアをカバーするには多くの基地局が必要な反面、ひとつひとつの基地局が簡素で設置しやすい。そして、駅や地下街など人の集まる場所にきめ細かく設置できるというメリットがある。

 さらに、それぞれの基地局に接続する人数が少なくなるため、通信品質を維持しやすい。また、電波を効率的に利用することで大容量のネットワークに対応しやすいともいわれる。

まの一覧に戻る

用語解説:下島 朗(株式会社エントラータ)監修

page top