用語解説辞典

用語解説辞典 知りたい用語はここで検索

用語解説辞典トップに戻る

【ホームポジション】

 10本の指を使って、キーボードを見ないで文字入力することをブラインドタッチ(タッチタイピング)という。そして、そのために指を置く正しい位置をホームポジションという。

 まず左手から、小指を「A」に、薬指を「S」に、中指を「D」に、人差し指を「F」に置く。右手は、人差し指を「J」に、中指を「K」に、薬指を「L」に、小指を「;」に置く。そして両手の親指は「スペース」キーに添える。これがホームポジション。

 「G」を押すときは左手の人差し指を、「H」を押すときは右手の人差し指を使う。そして、上段のキーは斜め右下の指を使い、下段のキーは斜め左上の指を使う。そしてキーを押したら、すぐにホームポジションに戻すのが基本だ。

 普通は、キーボードを見なくてもホームポジションが分かるように「F」と「J」、あるいは「D」と「K」に印が付いている。たとえば、ほかのキーより少しへこんでいるとか、小さな出っ張りがあるといった具合。

ほの一覧に戻る

用語解説:下島 朗(株式会社エントラータ)監修

page top