用語解説辞典

用語解説辞典 知りたい用語はここで検索

用語解説辞典トップに戻る

【ホームページ作成ソフト】

 読んで字のごとく、インターネットのホームページを作るためのソフト。

 といっても本来のホームページは、複数の情報ページがあって、その扉となるページのこと。しかしホームページ作成ソフトでは、もちろん複数の情報ページを作ることができるし、各ページの関連付けもできる。そのため、Webサイト作成ソフトと呼ぶ方が正確だと思う。

 ホームページ作成ソフトには、おおむね次のような機能がある。まず、各情報ページ(一般にホームページと呼ばれているもの)を作る機能。そして、各ページを関連付けたり管理する機能、そして作ったデータをウェブサーバーと呼ばれるコンピュータへ送る機能だ。

 実は、各ページの作成はホームページ作成ソフトがなくてもできる。ワープロソフトやエディタで、HTMLのルールに沿って本文やタグを入力すればいい。別のページへのリンク(関連付け)もタグで指定できる。データの送信は、FTPという機能を使えばいい。実際、以前はこうしてホームページを作っていた。

 しかし、HTMLのルールに沿ってタグを入力する作業は一般の人には分かりにくい。また、リンクの管理やFTPによるデータ送信もめんどくさい。そのため、ワープロソフトのような感じで簡単に情報ページを作ることができて、リンク管理やデータ送信機能も付いたホームページ作成ソフトが普及してきた。

 一方で最近は、ワープロソフトやDTPソフト、表計算ソフトやデータベースソフトなどにも、作成した文書やデータをHTML形式に変換できる機能が付いている。つまり今は、こうしたソフトでも簡単にホームページを作ることができる。

ほの一覧に戻る

用語解説:下島 朗(株式会社エントラータ)監修

page top