用語解説辞典

用語解説辞典 知りたい用語はここで検索

用語解説辞典トップに戻る

【ホワイトブック】

 大手メーカーではなく、小規模なメーカーや販売店などが独自に開発して販売しているノートパソコンのこと。あるいは、ベアボーンキットのような半製品の形で販売されてるノートパソコンのこと。

 大手メーカー製ではなく、小規模メーカーや販売店などが独自に開発して販売しているデスクトップパソコンを、ホワイトボックス・パソコンという。ホワイトブックは、そのノートパソコン版だ。

 デスクトップパソコンは部品が規格化されているので、部品を自由に組み合わせてオリジナル製品を作りやすい。しかしノートパソコンは、筐体やマザーボードなど、それぞれの製品に合わせた独自開発が必要なので、小規模メーカーや販売店では作るのが難しかった。

 しかし最近では、マザーボード・メーカーなどがノートパソコン向けの部品などを供給するようになって、ホワイトブックが登場するようになってきた。

 なお、CDなどの仕様書のなかで、表紙が白いものを通称でホワイトブックと呼ぶこともある。

ほの一覧に戻る

用語解説:下島 朗(株式会社エントラータ)監修

page top