用語解説辞典

用語解説辞典 知りたい用語はここで検索

用語解説辞典トップに戻る

【ホストID】

  • ホストアドレス
  • ホスト番号

 IPアドレスの仕組みに関する言葉。どの言い方でも意味は同じ。

 インターネットやLANに接続されたコンピュータ(パソコンやルーターなど)には、IPアドレスという識別番号が振られている。現在、広く使われているIPv4という方式だと、ピリオドで区切った4つの数字になっている。たとえば、192.168.1.1といった感じ。実際には、0.0.0.0から255.255.255.255まで約43億種類になる。

 インターネットは、世界中のコンピュータ・ネットワークが相互接続されたもの。この場合のネットワークは本来、企業や大学のLANだけど、プロバイダーもひとつのネットワークと考える。

 で、IPアドレスには、そのコンピュータがどのネットワークに属するか示す部分と、そのコンピュータ自体を識別する部分がある。所属するネットワークを示す部分をネットワークアドレスと呼ぶ。一方、コンピュータ自体を識別する部分をホストアドレスと呼んでいる。

 では、どこまでがネットワークアドレスで、どこからがホストアドレスかというと、これが一概にいえない。というのも、3種類の方式があるためだ。詳しくは、ネットワークアドレスの説明を見てほしい。

 家庭や小規模なオフィスでLANを組むときは、IPアドレスとして 192.168.0.0 ~ 192.168.255.255を使うことが多い。これは、プライベートアドレスとして使える番号だ。より現実的には、192.168.1.1からはじめて、4つ目の数字を順に上げて行くことが多いだろう。そして、サブネットマスクを255.255.255.0に設定する。

 この場合、最後の1がホストアドレスになる。ここで0と255は使ってはいけない。192.168.1.0はそのネットワーク自体を表して、192.168.1.255は接続されているすべての機器を対象にするとき使う特別な番号だから。これ以外の数字でも、そのネットワークの中で最小と最大の番号は同じ意味になるから使わない。

 なお、一般にホストというと、ホストコンピュータと呼ばれる大型コンピュータを指すことが多い。しかし、この場合はLANに接続されたサーバーやパソコン、プリンタ、ルーターなどあらゆる機器のことをホストという。

ほの一覧に戻る

用語解説:下島 朗(株式会社エントラータ)監修

page top