用語解説辞典

用語解説辞典 知りたい用語はここで検索

用語解説辞典トップに戻る

【ペンティアム4】

  • Pentium 4

 パソコン用CPUの最大手、インテル社のCPUの名前。このほかのインテル製CPUに関しては、インテルのページから参照してほしい。

 ペンティアム4はペンティアムIIIの後継版で、2000年11月に最初の製品が登場した。ペンティアムIIからペンティアムIIIへの進化はあまり大きなものではなかったけど、ペンティアム4はCPUの核心部分(コアアーキテクチャ)が世代交代して大幅に機能アップされている。車に例えると、新開発エンジンを搭載したフルモデルチェンジといった感じ。

 具体的な新機能としては、命令を従来より細分化しながら実行するハイパーパイプライン(パイプライン処理を参照)とか、ペンティアムIIIのストリーミングSIMD拡張命令に新しい機能を追加したストリーミングSIMD拡張命令2(SSE2)などがある。

 他にもいろいろあるのだけど、これらの意味を一般のパソコンユーザーが理解したり効果を実感するのは、なかなか難しい。たとえば、インターネットから3D技術を使った映像を受信しつつ再生するなんて場合に効果が大きいとされている。一方、ワープロソフトや表計算ソフトなどを使っているときは、ペンティアムIIIの性能と大差ないともいわれる。

 ペンティアム4のクロック周波数は、最初の製品で1.4GHzと1.5GHzだった。これによって、ギガヘルツの時代になった。

 マザーボードへの取り付け方法は、当初はソケット423という方式だった。また、インテル850というチップセットが載ったマザーボードが必要だとか、RDRAMというメモリーを使わないといけないといった条件があった。

 しかし、2001年8月に新しいペンティアム4が登場して、インテル845というチップセットと組み合わせると従来のSDRAMを使ったメモリー(DIMM)も使えるようになった。CPUのサイズが小型化して、マザーボードへの取り付け方法もソケット478という新方法に変わった。

 2002年11月には、HTテクノロジに対応した HTTペンティアム4 も登場している。

への一覧に戻る

用語解説:下島 朗(株式会社エントラータ)監修

page top