用語解説辞典

用語解説辞典 知りたい用語はここで検索

用語解説辞典トップに戻る

【ペイドリスティング】

  • キーワード連動広告
  • リスティング広告
  • 検索連動型広告

 いろいろな呼び方があるけど、どれも同じものと思っていい。ほかにも、検索連動型キーワード広告とか、ペイパークリック広告などの呼び方がある。

 大手検索サイトで検索をすると、検索結果の一番上や右側に「スポンサー」と書かれた検索結果が表示される。これが、検索連動型広告だ。英語では、Paid Listing(ペイドリスティング)という。広告といっても、一般の検索結果と同じように文字だけのシンプルなもの。

 これは、あらかじめスポンサーが検索に使うキーワードを指定して広告掲載の契約をする。つまり、こういうキーワードで検索があったら、ウチの広告を表示してほしい、というカタチで契約する。そして、その広告を見た人が実際にクリックしたら、その件数に応じて広告料金を払う。

 特定のキーワードで検索しているということは、その人はその用語に対して関心を持っているということ。そのため、検索連動型広告はクリックされる確率が高い。また、実際にクリックされた件数に応じて広告料金を払うので、費用対効果も高い。検索者にとっても、自分の興味のある広告が表示されるので、あまり嫌な気がしない。

 なお、この方式の広告は、より高い値段をつけた広告主が上位に表示されるのが基本だ。そのため、一般的なキーワードで上位に出そうとすると高額で入札する必要がある。

 一方、非常に限定的なキーワードを指定すると、かなり安い金額で効果的な広告を出せることもある。

への一覧に戻る

用語解説:下島 朗(株式会社エントラータ)監修

page top