用語解説辞典

用語解説辞典 知りたい用語はここで検索

用語解説辞典トップに戻る

【プロバイダー】

  • ISP

 インターネットへの接続窓口になっている会社。普通は、プロバイダーということが多いけど、正確にはインターネット・サービス・プロバイダーといってISPと略すこともある。

 インターネットは、世界中のコンピュータを相互接続したもの。利用するには、自分のパソコンを何らかの方法でインターネットに接続しないといけない。そして実際には、プロバイダー(より正確には、プロバイダーが用意しているアクセスポイント)を通じて接続する。

 かつてプロバイダーとの接続方法は、ダイヤルアップ接続と専用線接続が一般的だった。個人の場合、以前は電話回線(アナログ回線やISDN)を通じて接続することが多かった。これをダイヤルアップ接続という。ある程度以上の企業や大学では専用線接続が多かった。これは、専用線と呼ばれる通信回線で24時間つなぎっぱなしにする方法だ。

 今は、電話回線を使いながら事実上の常時接続になるADSLや、CATVを使ったインターネット接続、光ファイバーを使った光回線が一般化している。そしてADSL や光回線の場合も、プロバイダーに指定されたアクセスポイントに接続する。CATVの場合は、ケーブルテレビ会社がプロバイダーを兼ねていることが多い。

 いずれにしても我々は普通、プロバイダーという会社を通してインターネットに接続している。そして接続料金を払っている。これがプロバイダーの収入源になっている。

 また、今のプロバイダーは単に接続窓口になるだけでなく、個人ホームページを持てるサービスや電子メールの転送、会員向けコンテンツの提供など、さまざまな付加サービスを提供していることが多い。

ふの一覧に戻る

用語解説:下島 朗(株式会社エントラータ)監修

page top