用語解説辞典

用語解説辞典 知りたい用語はここで検索

用語解説辞典トップに戻る

【プレビュー画面】

 プレビューは本来、「事前に見る」といった意味。しかし最近は、コンピュータウイルスに関連して電子メールソフトのプレビュー画面が話題になることも多い。ここでは、このプレビュー画面を説明している。

 ウィンドウズに標準装備されているアウトルック・エクスプレスの場合、受信した電子メールの件名を選ぶと、その下に本文が表示される。この、本文が表示される部分をプレビュー画面という。

 ほとんどの人が、この状態で電子メールを読んでいると思う。しかし、電子メールの件名をダブルクリックしたり、件名を選んで「開く」の操作をすると、独立した画面(ウィンドウ)に電子メールが表示される。これが本来の、電子メールを読むための画面になっている。

 といっても、プレビュー画面で電子メールを読んでも、まったく問題ない。この方法を、一般に「電子メールをプレビューする」という。

 問題は、ここからだ。従来のコンピュータウイルスは、電子メールをプレビューしただけでは感染しなかった。一緒に送られてきた添付ファイルをダブルクリックなどで開いたり実行したりすると、はじめて活動を開始する。

 しかし最近は、受信した電子メールをアウトルック・エクスプレスなどのプレビュー画面に表示するだけで活動を始めるウイルスが登場している。そして、これを「メールをプレビューしただけで感染する」という。

 この手のウイルス(正確にはワーム)の代表として、バッドトランスB(Badtrans.B)やニムダ(NIMDA.A)がある。これらに感染した電子メールを受け取ってプレビューすると、自分のパソコンが感染するだけでなく、電子メールソフトのアドレス帳に登録してある電子メールアドレスに自動的にウイルスを送られてしまう。つまり、被害者になると同時に自分が加害者にもなる。

 実際、感染していることに気づかず、ウイルスをバラマキ続けている人が少なからずいる。対処法は、ウイルス対策ソフトのウイルス定義ファイルと、電子メールソフトの両方を常に最新にしておくこと。どちらも、インターネットを通じて最新版を入手できる。

ふの一覧に戻る

用語解説:下島 朗(株式会社エントラータ)監修

page top