用語解説辞典

用語解説辞典 知りたい用語はここで検索

用語解説辞典トップに戻る

【プッシュ型サービス】

 一時期、インターネットの世界で注目されていたサービス、あるいは技術。

 普通、インターネットから情報を得るときは、URLなどを入力して見たいウェブページを開く。今は、お気に入りに登録した項目から開いたり、検索サイトの検索結果から飛ぶことも多いと思う。しかし、いずれも自分から訪ねていって情報を「引き出す」イメージ。そのため、この方式を「プル型」という。プル(pull)は英語で「引っ張る」という意味。

 これに対して「プッシュ型」サービスは、一度設定しておくとデータの送受信がないときを見計らって、自動的にニュースなどが送られてくる。つまり、相手から情報が「押し出されて来る」感じだから「プッシュ(push
)型」という。

 送られてきたニュースは、画面片隅の小さな画面に見出しが表示されたり、スクリーンセーバー代わりに画面に表示されたりした。もちろん簡単な操作で詳細を読むこともできた。

 プッシュ型サービスは当初、回線はつながっているけど何のデータも行き来していない状況を活用しようというものだった。現在のように、個人でも常時接続が当たり前の時代には特筆すべき技術ではなくなった。

 かつて、ダイヤルアップ接続でインターネットを利用する人が多かったころは自動的に定期的に専用ソフトが電話をかけて最新情報を引き出し、終わると自動的に電話を切るといった仕組みも使われていた。

 こうしたサービスの先駆けとなったものに、ポイントキャスト・ネットワークがあった。もちろん勝手に電話を使われるのはイヤだ、という場合は、必要なときだけ自分で更新の操作をして最新情報を引き出すこともできた。

 当時は、「これからはプッシュ型サービスだ」と言われてかなり期待された。しかし今はブームも終息している。

ふの一覧に戻る

用語解説:下島 朗(株式会社エントラータ)監修

page top