用語解説辞典

用語解説辞典 知りたい用語はここで検索

用語解説辞典トップに戻る

【プッシュ・トゥ・トーク】

  • PTT
  • Push-to-Talk
  • プッシュトーク

 携帯電話や PDA を使って、トランシーバーのように会話するための技術。Push-to-Talk(プッシュ・トゥ・トーク)を略して PTT と呼ぶことが多い。

 NTTドコモではプッシュ・トゥ・トークの技術を使ったサービスを、「プッシュトーク」と呼んでいる。プッシュトークは、2005年の年末に発売された FOMA902iシリーズから対応している。

 PTT では、一般の携帯電話の通話と違い、VoIP という技術を使って音声を伝える。つまり、インターネットのデータ転送技術を利用しているわけだ。

 PTT で会話するときは、話す人が送信ボタンを押す。Push-to-Talk を直訳すれば「押して話す」という意味だ。送信者がボタンを押して話しているあいだ、受信者は声を送り返すことができない。つまり、トランシーバーのように交互に送信ボタンを押して話すことになる。これは、PTT が半二重モードと呼ばれる方式を採用しているためだ。

 PTT の特徴として、同報機能がある。つまり、複数の相手に同時に音声を伝えることができる。NTTドコモのプッシュトークでは、標準で5人、上位サービスのプッシュトークプラスでは20人で同時に音声メッセージの交換ができる。友達同士で連絡を取り合うケースでも便利だが、プッシュトークプラスでは企業で関係者全員に連絡を取るといった用途が想定されている。

 なお、PTT は PoC という技術で実現している。そのため、PTT のことを PoC と呼ぶこともある。

ふの一覧に戻る

用語解説:下島 朗(株式会社エントラータ)監修

page top