用語解説辞典

用語解説辞典 知りたい用語はここで検索

用語解説辞典トップに戻る

【ブートキャンプ】

  • Boot Camp

 インテル製の CPU を内蔵したマッキントッシュで、ウィンドウズXP を使えるようにするソフト。パワーPC を内蔵したマッキントッシュには対応しない。

 マッキントッシュは、マックOS という独自の基本ソフトを使っている。そして従来は、マッキントッシュでウィンドウズを使うことは出来なかった(バーチャルPCを使うと可能)。

 しかし、アップルコンピュータが 2006年4月に発表したブートキャンプ(Boot Camp)というソフトを使うと、インテル製の CPU を内蔵したマッキントッシュにウィンドウズXP を組み込むことができる。ウィンドウズXP のインストールには、マックOS が入ったハードディスクとは別のパーティションが必要だけど、インストールの際に作成できる。

 ブートキャンプを使ってマッキントッシュにウィンドウズXP を入れると、起動の際にマックOS を起動させるかウィンドウズXP を起動させるか選ぶことができるようになる。そして、ウィンドウズXP を起動すればウィンドウズ版のソフトやサービスを利用できる。ただし、マックOS とウィンドウズXP を同時に起動することはできない。

 なお、2006年4月に発表されたブートキャンプはパブリックベータ版。つまり、まだ開発段階の試用版だ。正式版は、2006年8月に登場するマックOS X 10.5 Leopard(レパード)に組み込まれる予定。

 ウィンドウズXP は、ホームエディションでもプロフェッショナルでもいい。ただし、製品版(SP2)の CD-ROM が必要で、アップグレード版ではインストールできない。

ふの一覧に戻る

用語解説:下島 朗(株式会社エントラータ)監修

page top