用語解説辞典

用語解説辞典 知りたい用語はここで検索

用語解説辞典トップに戻る

【ブロードバンドルーター】

 ADSLやCATV(ケーブルテレビ)を使って、パソコンをインターネットに接続するとき使う機器のひとつ。

 もともとルーターという機器があって、これは複数のLANを相互接続するために使われている。ただし、一般のパソコンユーザーが触る機器ではない。しかし最近は、ダイヤルアップルーターやブロードバンドルーターという機器も普及していて、これらを「ルーター」と呼ぶこともある。これらは、一般のパソコンユーザーが自分で設定して使うことも多い。

 ADSLやCATVでインターネットに接続する場合、ADSLモデムやケーブルモデムという機器を使う。パソコンが1台なら、これらの機器を接続すればいい。しかし最近は、複数のパソコンを持っている人もいる。そうなると、どのパソコンからもインターネットに接続したくなる。

 そんなときは、ブロードバンドルーターや、ルーター型のADSLモデムを使うと解決できる。ただし、複数のパソコンから接続するにはLANが組まれている必要がある。そのため通常、これらのルーターにも10BASE-T対応のハブ機能が付いている。

 なお現状では、いろいろなタイプのADSL対応ルーター、CATV対応ルーターがあって、これらを総称してブロードバンドルーターといっている。また、利用する通信サービスによって対応するルーターやモデムが異なる。加入している(あるいは加入予定の)通信サービスが推奨している方法をよく確認したい。

 また最近は、ADSLモデムとブロードバンドルーターを兼ねた製品、あるいはブロードバンドルーターと無線LANのアクセスポイント(親機)を兼ねた製品も増えている。

ふの一覧に戻る

用語解説:下島 朗(株式会社エントラータ)監修

page top