用語解説辞典

用語解説辞典 知りたい用語はここで検索

用語解説辞典トップに戻る

【ブルースクリーン】

 ウィンドウズを使っていて、致命的な問題が起きたとき表示される青い画面。パソコンユーザーが見たくないもののひとつ。ちなみに、ブルース・クリーンではなく blue screen です、念のため。

 たとえば、突然「例外OEが、0000:xxxxで発生しました」といったメッセージが青い画面に表示される。そのまま、ウィンドウズの画面に戻れることもあるといわれるけど、ほとんどの場合、あきらめてパソコンを再起動するしかない。当然、保存していなかったデータは消えてしまう。

 ユーザーの操作ミスでブルースクリーンが出ることは、ほとんど考えられない。たいてい、ウィンドウズなどソフトの問題だ。あるいは、メモリー部品(DIMMなど)の異常が原因で出ることもある。

 頻繁に出るようなら、原因を特定して対処する必要がある。たとえば、ウィンドウズに問題があるようなら修復インストールや再セットアップする。メモリーに問題があるようなら部品を交換する。

ふの一覧に戻る

用語解説:下島 朗(株式会社エントラータ)監修

page top