用語解説辞典

用語解説辞典 知りたい用語はここで検索

用語解説辞典トップに戻る

【ブラケティング】

  • オートブラケティング

 これはカメラ用語で、正確にはオートブラケティングだけど、単にブラケティングと言うこともある。また、オートブラケッティングと書いたり言ったりすることもある。

 今のカメラは、シャッターボタンを半押しにすると自動的に適切な露出(明るさ)を決めてくれる。つまり基本的には、カメラ任せで明るすぎも暗すぎもしない写真が撮れるようになっている。

 しかし実際には、カメラが決めた露出より少し明るめに撮った方がいい場合や、少し暗めに撮った方がいい場合がある。撮影前に、こうした調整を行うことを露出補正という。特に後でフォトレタッチが難しいポジフィルムを使った撮影では、露出補正は大事な技術だった。

 オートブラケティングの機能を使うと、1回シャッターボタンを押すだけで最初に決めた明るさの写真と、それより少し暗い写真、少し明るい写真の3枚を自動的に連続して撮影できる。そして、あとから最も適切な1枚を選んで作品にする。どのくらい明るく、暗くするかは事前に設定できる。

 なお、デジタルカメラの場合、露出を3段階にするだけでなく、一度に3種類のホワイトバランスで撮れるホワイトバランスブラケティングや、3段階の ISO感度で撮れる ISO感度ブラケティングを使える機種もある。

ふの一覧に戻る

用語解説:下島 朗(株式会社エントラータ)監修

page top