用語解説辞典

用語解説辞典 知りたい用語はここで検索

用語解説辞典トップに戻る

【ブライトネス】

  • 輝度

 コンピュータの世界では、ディスプレイの明るさを表すために輝度(きど)という言葉を使っている。テレビの場合も同じ。

 輝度は本来、一定の面積から、どれだけの光を放射できるかということで、単位は cd/m2(2乗)を使う。これは、平方メートルあたりのカンデラという意味。

 従来、CRTディスプレイに比べると液晶ディスプレイは輝度が低かった。しかし今は、液晶ディスプレイの輝度も上がって色の再現性も良くなっている。液晶テレビも同様だ。

 また、ディスプレイは普通、輝度とコントラストを調整できるようになっている。専用のツマミまたはダイヤルを回す機種もあれば、画面の下のボタンを操作して調整する機種もある。あるいは、パソコン側で画面設定メニューを開いて調整する方式もある。

 この輝度のことを、あるいは輝度調整機能のことを、ブライトネス(brightness)と呼ぶこともある。

 こうした調整で輝度を下げると、画面全体が暗くなる。ただし、あまり明るい状態で使っていると目が疲れる。そのため、ワープロソフトや表計算ソフトなど文字が主体のソフトを使うときは「少し暗いかな」と思う程度でちょうどいい。

 一方、デジタルカメラの写真を見たり、映像を視聴するようなときは、明るめにしないと暗い部分が黒くつぶれてしまうことがある。使い方に応じて調整するのが望ましい。

ふの一覧に戻る

用語解説:下島 朗(株式会社エントラータ)監修

page top