用語解説辞典

用語解説辞典 知りたい用語はここで検索

用語解説辞典トップに戻る

【ブックマークレット】

 インターネットのサイトを見たり、利用するとき便利な機能。

 ブックマークという言葉は知っていると思う。ブラウザーとしてインターネット・エクスプローラを使っている人なら「お気に入り」といえば分かるだろう。通常は画面の左側に、よく開くページの一覧があって、それをクリックすると一発で見たいページが開く。

 これは、そのアイコンと文字に、対応するページの URL が関連付けられているため。

 ブックマークレットの場合、ウェブページの URL ではなく JavaScript と呼ばれる短いプログラムのようなものが埋め込まれている。そして、普通のブックマーク(お気に入り)のように画面左側のリストに登録しておいて、使いたいときにクリックする。

 すると、どうなるか。ブックマークレットによって違うんだけど、簡単な例だと自動的に検索サイトが開いて検索できたり、翻訳サイトを開いて今表示されているページの翻訳文を表示したり、今開いているページの内容を自分のブログに引用したりできる。

 どれも普通だったら、数回のクリックやコピー&ペーストが必要な操作だ。そうしたことがクリック一発でできるようになる。

 こうしたブックマークレットは、いろいろなサイトで無料で提供されているので、検索して探してみるといい。

ふの一覧に戻る

用語解説:下島 朗(株式会社エントラータ)監修

page top