用語解説辞典

用語解説辞典 知りたい用語はここで検索

用語解説辞典トップに戻る

【フラットベッドスキャナ】

 現在、もっとも普及しているスキャナのタイプ。

 スキャナは、印刷された写真やイラスト、文章などをデジタル画像としてパソコンに取り込む周辺機器。フラットベッド型のほかに、ハンディ型、シートフィード型などがある。また、写真フィルムから写真を取り込むフィルムスキャナという機器もある。

 フラットベッドスキャナは、家庭向けの小型コピー機のような形をしている。上面のフタを開けるとガラス面があって、そこに原稿を置いて下から光をあてながら画像を読み取る。原稿が動かないので、比較的よい精度で読み込むことができる。読み込み精度(解像度)は現在、600dpi から1200dpi が一般的だけど、2400dpi といった高解像度に対応した機種もある。

 原稿サイズは、ほとんどの機種がA4まで対応できる。中には、A3に対応した大型の機種もある。また、透過原稿ユニットという機能が付いていて、フィルムスキャナとして使える機種もある。

ふの一覧に戻る

用語解説:下島 朗(株式会社エントラータ)監修

page top