用語解説辞典

用語解説辞典 知りたい用語はここで検索

用語解説辞典トップに戻る

【フラッグ】

  • フラグ

 この言葉は、電子メールソフトの機能として出てくる場合と、プログラムに関連して出てくることがある。どちらも旗(flag)という意味で、普通は「フラッグ」と発音するけど、コンピュータの世界では「フラグ」と書いたり言ったりすることが多い。

 電子メールソフトの場合は、重要な電子メールに目印を付ける機能。電子メールのタイトルの前に、実際に旗の絵が付くことが多い。

 プログラム関連の場合は、ソフトの中で、設定や状態を記録している部分のこと。あるいは、そのファイル。あるいは、その仕組み。

 たとえば、項目1はON、項目2はOFF、項目3はON、項目4はOFF、という場合、「1010」とか「1,0,1,0」と記録しておくだけでパソコンには意味が分かる。ON/OFFというのは、有効/無効、可/不可、対応済み/未対応など、どんなケースでもいい。

 で、ONの場合は旗が立っている、OFFの場合は旗が立っていない、というふうに見立てているらしい。

 実際にフラグを使っている例としては、ゲームソフトでクリアーした場面は「1」、クリアーしてない場面は「0」として、どこまで進んだか記録するといった使い方がある。

ふの一覧に戻る

用語解説:下島 朗(株式会社エントラータ)監修

page top