用語解説辞典

用語解説辞典 知りたい用語はここで検索

用語解説辞典トップに戻る

【フェムトセル】

 携帯電話用の超小型の基地局。

 携帯電話は、トランシーバーのように端末(電話機)と端末との間で直接電波を飛ばしているわけではない。街中に設置されたアンテナまで電波を飛ばし、アンテナから電話局、電話局から相手が接続しているアンテナまでは光ファイバーなどの電話回線網を使っている。

 アンテナは電波やデータを送受信する設備とセットになっていて、この装置を基地局と呼ぶ。ひとつの基地局から電波が届く範囲は通常、半径数キロメートル。そして、その範囲をセルという。

 携帯電話の基地局は当初、屋外を中心に設置が進められてきた。そのため、大きな建物の中や地下街では電波が届きにくいという問題があった。これを解決するために、オフィスや一般家庭、地下街の店舗などでも設置可能な超小型の基地局が開発されている。これが、フェムトセルだ。

 従来の、広範囲をカバーするセルをマクロセルといって、それを補完する小型のセルをピコセルという。フェムトセルは、ピコセルよりさらに小規模のセルになる。

 フェムトは本来、1000兆分の1という極小を意味する単位。実際には、こんなに小さいわけではないけど、従来の基地局に比べると極めて小さいということで少し大げさに、こんな名称が付いている。

 もちろんフェムトセルでも、普通の通話だけでなく電子メールの送受信やウェブサービスなどを利用できる。

ふの一覧に戻る

用語解説:下島 朗(株式会社エントラータ)監修

page top