用語解説辞典

用語解説辞典 知りたい用語はここで検索

用語解説辞典トップに戻る

【フィルタリングサービス】

  • フィルタリングソフト

 フィルタリングソフトは、望ましくない情報が掲載されたウェブサイトを見られなくするソフト。フィルタリングサービスは、プロバイダーなどの通信業者が同様のサービスを提供するもの。また、インターネット接続機能を持った携帯電話にも、望ましくないサイトに接続できないフィルタリング機能が用意されている。

 なお、ブロードバンドルーターなどに装備されているフィルタリング機能は、別のページで解説している。

 インターネット上には、あらゆる情報があるといわれている。その中には、暴力やポルノ、犯罪など、問題のあるサイトもある。今は、家庭や学校でもインターネットの利用が増えている。そして親や先生は、子どもたちに問題のあるサイトを見せたくないと考える。

 そこで、有害なサイトを選別して、表示できないようにするためにフィルタリングソフトが開発された。つまり、見ていい情報と見てはいけない情報を選別するための「フィルターとなるソフト」だ。

 また企業でも、仕事中に娯楽系のサイトを見たり転職情報を探したりされると困る。そのため、企業向けのフィルタリングソフトもある。

 フィルタリングソフトは、パソコンに組み込んで使うのが一般的。しかし企業などでは、インターネットとの接点となるサーバーに組み込んでいるケースも多い。フィルタリングサービスの場合は、プロバイダーなどのサーバーにフィルタリングソフトが組み込まれている。

 選別方法は数種類ある。代表的なのは、問題のあるホームページをリストアップして表示できなくする方法(ブラックリスト方式)と、登録してあるホームページしか表示できなくする方法(ホワイトリスト方式)だ。詳しくは、それぞれの説明ページで。

 どちらの場合も、情報の種類やランクをユーザー側で選べることが多い。また、リストの制作は、フィルタリングソフトを開発しているソフト会社や、独自の機関が行っている。しかし、その判断基準にも差がある。

 このほか、各ホームページを一定の基準で格付けして、その評価に応じて表示を制限するレイティング方式もある。ただしこれも格付けの判断が難しいし、新しいサイトに対応しきれない。

 さらに、一定のキーワードを含むサイトを制限する方式もある。しかし、たとえば「バイオレンス」(暴力)という言葉を制限すると、人権問題を扱った真面目なサイトも閲覧できなくなるといった問題が発生する。

ふの一覧に戻る

用語解説:下島 朗(株式会社エントラータ)監修

page top