用語解説辞典

用語解説辞典 知りたい用語はここで検索

用語解説辞典トップに戻る

【ファームウェア】

 パソコン本体や、モデムなどの周辺機器の中に記録されている、その機器を動かすために必要なプログラムの一種。

 普通のパソコン用プログラム(ソフト)は、ユーザーが簡単に、ハードディスクにインストールしたり(組み込んだり)、アンインストール(削除)したりできる。

 これに対してファームウェアは、ROMと呼ばれる読み出し専用のメモリー部品に記録されていて、普通は書き換えることができない。ファーム(firm)は「堅い」といった意味。つまり、書き換えができない「堅いソフトウェア」といった感じだ。

 ところが今は、ファームウェアの書き換えが可能なケースもある。たとえばパソコン本体のBIOSとか、モデムやTAのファームウェアがそうだ。ファームウェアを書き換える(アップデートする)ことによって、最新の機能に対応させたり不具合を修正したりできる。

 ただしファームウェアの書き換えに失敗すると、その機器が動かなくなることが少なくない。自分で作業するときは、くれぐれも慎重に。

ふの一覧に戻る

用語解説:下島 朗(株式会社エントラータ)監修

page top