用語解説辞典

用語解説辞典 知りたい用語はここで検索

用語解説辞典トップに戻る

【ファン】

 本来は、うちわ(扇)とか扇風機といった意味の fan(ファン)。パソコンの世界では、CPUやパソコン内部の熱を逃がすために付いている小型扇風機をファンと呼ぶ。

 デスクトップパソコンの場合、ほとんどの機種は背面にファンがある。電源ユニットと一体化していて、パソコンの中の熱を逃がすためパソコン稼働中はいつも回っている。

 ノートパソコンの場合は機種によって違うけど、たいてい裏面などにファンがある。ただし、ファン自体は見えないで、背面や側面に排気口だけが見えることもある。

 こうしたファンは、もちろん必要なので付けられている。しかし、問題もある。なんといっても音が気になる。ノートパソコンの場合、その分、本体が大きくなるしバッテリーの消耗も早くなる。

 そのため、一部にはファンを使わないパソコンもあって、これをファンレスという。具体的には、iMacがそうだ。この場合、CPUなどの熱をうまく上部へ逃がすように設計されている。ノートパソコンの中には、金属の板(廃熱板)などを使って熱を逃がす機種もある。

 このほか、今はCPUの熱を逃がすためのCPUクーラーにもファンが付いている。また、パソコンの画面を描くためのビデオチップという部品も高熱を出すのでファンが付いているものがある。

 さらに、本体が大きなタワー型パソコンの場合、パソコンの前面から空気を取り入れるためのファンや、内部の熱を背面から逃がすファンを追加できることもある。普通の市販パソコンを使っている場合は問題ないけど、自作パソコンに多くの機器を詰め込んでいるような場合は、こうした処置をしないと熱がこもって動きが不安定になることがある。

ふの一覧に戻る

用語解説:下島 朗(株式会社エントラータ)監修

page top