用語解説辞典

用語解説辞典 知りたい用語はここで検索

用語解説辞典トップに戻る

【ファイアウォール】

  • Fire Wall

 ファイアウォール(Fire Wall)は本来「防火壁」という意味。コンピュータの世界では、外部から社内のコンピュータやデータを守るための防護壁といった意味だ。

 インターネットは、世界中のコンピュータ・ネットワークを相互接続したもの。基本的には、自由に情報交換ができる。とはいっても、すべての情報が公開されているわけではない。悪意を持った人間が、自社のコンピュータ・ネットワークに勝手に入ってきて、非公開のデータを見られたり壊されたりしたらたまらない。

 そのため、外部から社内のコンピュータ・ネットワークに不正アクセスできないようにするのがファイアウォールの役目だ。そういう目的に特化されたコンピュータ(機器)だったりソフトだったりする。

 従来、ファイアウォールが必要なのは、企業や学校でインターネットに常時接続(専用線接続)している場合だけだった。しかも、具体的な仕組みを知らないといけないのはシステム管理者くらいだった。

 かつて個人が、自宅などからダイヤルアップ接続している場合は、基本的にはファイアウォールがなくても済んでいた。しかし今は、個人や家庭でも事実上の常時接続ができるようになっている。

 そのため、普通のパソコンで使うパーソナル・ファイアウォールといったソフトが普及している。ウイルス対策ソフトにパーソナル・ファイアウォール機能が盛り込まれていることも多い。今は、こうしたソフトを使って、自分のパソコンを不正アクセスから守るのが常識になっている。

 また、ブロードバンドルーターなどの通信機器も、ファイアウォール機能を持ったものが増えている。

ふの一覧に戻る

用語解説:下島 朗(株式会社エントラータ)監修

page top