用語解説辞典

用語解説辞典 知りたい用語はここで検索

用語解説辞典トップに戻る

【ピーピーピーオーエイ】

  • PPP over ATM
  • PPPoA

 ADSLを使ってインターネットに接続するとき使われる、技術的な約束事のひとつ。最近のADSLモデムやADSL対応のブロードバンドルーターは対応したものが増えている。

 ADSLは、一般の電話回線(アナログ回線)を使って高速でインターネットに接続できる通信サービス。PPPoAは、PPP over ATM(ピーピーピー・オーバー・エイティーエム)の略。

 PPPは、Point to Point Protocol(ポイント・トゥ・ポイント・プロトコル)の略で、一般の電話回線(アナログ回線)やISDNを使ってインターネットに接続するための技術。個人で家庭からインターネットに接続する場合、ほとんどこの技術のお世話になっている。

 ATMは、非同期転送モードという通信方法。データを一定の長さに区切ることで効率よく送ることができる。ただし、普通のパソコンユーザーが使うような言葉ではなかった。

 ところがADSLの中に、この方式でデータを送受信するものが出てきた。つまり、ATMという通信方式の上でPPPという技術を使う。そのため、PPPoA方式のADSLサービスを利用するときは、PPPoAに対応したADSLモデムを使ったり、パソコンにPPPoA対応の通信ソフトを組み込む必要がある。

 なお、一般的にはPPPoEという方式に対応したADSLサービスが多い。そして、この場合はPPPoEに対応した機器や通信ソフトを使う。どっちの方法で設定するかは、契約しているADSLサービスによって異なる。使う機器によっては、設定しなくていい場合もある。説明書などでよく確認しよう。

ひの一覧に戻る

用語解説:下島 朗(株式会社エントラータ)監修

page top