用語解説辞典

用語解説辞典 知りたい用語はここで検索

用語解説辞典トップに戻る

【ピム対応】

  • PIM対応
  • PRINT Image Matching

 パソコンや PDA(携帯情報端末)の世界で PIM(ピム)というと、普通はスケジュール管理などに使うソフトのこと。これに関しては、PIMソフトのページを見てほしい。

 ここでは、デジタルカメラやプリンタに関連して登場する PIM機能について説明している。この場合の PIM は、PRINT Image Matching の略で、カタログなどには略さず書かれていることが多い。しかし、雑誌記事の見出しや会話では略すことが少なくない。

 最近のインクジェットプリンタは、画像が暗めだと自動的に明るく補正したり、色が鈍いと自動的に鮮やかな色に修正して印刷してくれる機能が付いている。デジタルカメラで写真を撮って、手軽にプリントしたい人には、ありがたい機能だ。

 しかし、カメラに慣れた人だと、雰囲気を出すため意図的に暗めに撮ったり、自然な感じを大事にして柔らかな色合いで撮ったりすることもある。また、同じように設定しても、デジカメの個性によって写真の雰囲気が変わってしまう。

 デジカメが PRINT Image Matching に対応していると、カメラの機種名や撮影したときの設定(露出、ホワイトバランス、絞り、シャッター速度、シャープネスやコントラスト、など)が写真に付加される。そして、プリンタも PRINT Image Matching に対応していると、その設定情報を読み取って、それに合わせることで自動的に最適な(撮影者の意図にあった)写真を印刷する。

 同じような目的に使われている規格として、Exif Print がある。こちらは業界団体によって決められた事実上の標準規格。

 一方、PRINT Image Matching はセイコーエプソンが開発して、一部のデジタルカメラメーカーが賛同したもの。そのため、対応機種が限られる。しかも当初は、Exif と PRINT Image Matching を同時に使うことができなかった。今は、Exif と共存できる PIM II が登場している。

ひの一覧に戻る

用語解説:下島 朗(株式会社エントラータ)監修

page top