用語解説辞典

用語解説辞典 知りたい用語はここで検索

用語解説辞典トップに戻る

【ピコリットル】

  • pl

 液体の量を表す単位。ピコは、1兆分の1という意味。つまり、1plは1兆分の1リットルということだ。

 パソコン関連では、インクジェットプリンタが吹き出すインクの量を表す単位として使われている。インクジェットプリンタは、細いノズル(吹き出し口)から液体のインクを吹き出して、それを紙に定着させることで印刷している。

 以前は、インクジェットプリンタで印刷したカラー写真をよく見ると赤や青の点が見えた。しかし最近の機種だと、ほとんど見えなくなっている。これには、いくつか理由があるのだけど、印刷解像度が上がったことも大きい。

 以前は、600dpiや720dpiで高画質といっていたけど、今は1200dpiや1440dpiが普通になっている。720dpiだと、1インチのあいだに最大で720個の点が打てる。1440dpiなら、その2倍の点を打てることになる。そのためには、吹き出すインクの量を減らして点を小さくしないといけない。

 実際、解像度が上がるにつれて吹き出すインクの量も減って、最近のプリンタだと数ピコリットルという量になっている。そして、肉眼で見分けられる点(ドット)の限界に近づいている。

ひの一覧に戻る

用語解説:下島 朗(株式会社エントラータ)監修

page top