用語解説辞典

用語解説辞典 知りたい用語はここで検索

用語解説辞典トップに戻る

【ビープ音】

 パソコンに深刻な問題が起きたとき、それを知らせるために鳴る警告音。

 パソコンを起動したときや終了するとき、あるいは通常の作業中に鳴る警告音や効果音は、ウィンドウズが管理する音声データを使って音を出している。だから、音の種類も豊富だし、自分の好きな音に変えることもできる。

 一方、パソコンの起動すら危ういとか、基本ソフトより深いところでトラブルが起きているときは、音声データを再生してスピーカーから音を出すことができない。そのため、マザーボード上にある簡単なブザーのようなもので、「ビー」とか「ビッビッビ」といった音を出す。この音のを、ビープ音という。

 ビープ音は一種類の音しか出ないので、長短を組み合わせてどんな問題が起きているのか伝える仕組みになっている。しかし、めったに聞くものじゃないし、マザーボードや BIOS のメーカーによっても音が異なる。そのため、ビープ音が鳴っている理由を知るには、マニュアルで確認する必要があるだろう。

ひの一覧に戻る

用語解説:下島 朗(株式会社エントラータ)監修

page top