HOME > 用語解説辞典 > ひの一覧 > ビデオメモリー

用語解説辞典 知りたい用語はここで検索

用語解説辞典トップに戻る

【ビデオメモリー】

  • VRAM
  • ブイラム

 パソコンの画面表示に必要なデータを保存する専用のメモリー。いわゆるメモリー(メインメモリー)とは別の部品になっている。VRAM の容量が多いと、高い解像度にしても、たくさんの色数で画面表示できる。色数については、フルカラーのページを見てほしい。

 たとえば、VRAM が 2MB の場合、800×600ドットなら約1677万色(フルカラー)に設定できる。しかし、1024×768ドットにすると 65536色(あるいは32000色)が最高で、約1677万色にはできない。

 VRAM が 4MB になると、1280×1024ドットまで約1677万色にできる。VRAM が 32MB や 64MB あれば、1600×1200ドットでも余裕で約1677万色に設定できる。

 かつては、こうした VRAM の容量もパソコンユーザーにとって重要な関心事だった。しかし今は、ほとんどのパソコンが必要十分な VRAM を搭載しているので気にする必要がなくなった。

 なお、VRAM の容量が足りないので増やしたいといった場合、次の3通りの方法があった。ただし現実には、どの方法にも対応できないパソコンが多かった。

 まず、パソコンに VRAM を追加するスロットが余っているとき。この場合は、そのパソコンに対応する VRAM を買ってきて差せばいい。

 次に、容量の少ない VRAM がスロットに差さっていて空きがない場合、あるいはスロットがひとつしかない場合。この場合は、容量の大きな VRAM に差し替えるしかない。もともと付いていた VRAM は、ムダになるけど仕方ない。

 最後に、グラフィックボードを追加したり、付け替える方法がある。グラフィックボードは画像表示を専門に担当する拡張ボード(基板)。デスクトップパソコンで大幅に VRAM容量を増やすときは、この方法が一般的。グラフィックボードに、さらに VRAM を追加できることもある。

関連サービス
  • Biz-agora
  • WebARENA
  • Master'sONE
  • InfoSphere

ひの一覧に戻る

用語解説:下島 朗(株式会社エントラータ)監修

このページのトップに戻る

 

別ウィンドウで開きます ・・・リンク先の外部サイトを別ウィンドウで開きます。

ページの先頭へ