用語解説辞典

用語解説辞典 知りたい用語はここで検索

用語解説辞典トップに戻る

【パンフォーカス】

 写真で、手前から背景まで全体にピントが合っているように見えること。従来のフィルムカメラでもデジタルカメラでも使われる言葉。

 実際には、ピントが合っている点は常に一点だけだ。しかしその前後に、事実上、ピントが合っているように見える範囲がある。これを被写界深度という。

 被写界深度を深くして、画面全体がクッキリ見えるようにしたのがパンフォーカス。現実的には、焦点距離の短い広角レンズを使って、絞りを絞り込むとパンフォーカスになる。

 また、いわゆるレンズ付きフィルムは、どんなふうに撮ってもパンフォーカスになるように設計されている。こうしたカメラを、パンフォーカスカメラと呼ぶこともある。

はの一覧に戻る

用語解説:下島 朗(株式会社エントラータ)監修

page top