用語解説辞典

用語解説辞典 知りたい用語はここで検索

用語解説辞典トップに戻る

【パワーナウ!テクノロジー】

  • AMD PowerNow!テクノロジー
  • PowerNow!テクノロジー

 AMD の CPU に組み込まれている省電力機能のひとつ。当初は、ノートパソコン向け CPU のための技術だったけど、その後、サーバー向けの CPU オプテロンにも搭載されるようになった。

 パソコンの使用状況に応じて、CPU の動作周波数や電圧を下げることで消費電力を節約し、バッテリーを長持ちさせる効果がある。最大で30%、バッテリー駆動時間を伸ばすことが可能だ。また、省電力化によって発熱も少なくなる。

 PowerNow!テクノロジーには、CPU の最大周波数で動くハイパフォーマンスモード、状況に応じて周波数と電圧を変えるオートマティックモード、最小周波数で動くバッテリーセイバーモードがある。

 パソコンを AC電源につないでいるときはハイパフォーマンスモードで CPU の最高性能で動かし、バッテリーで使っているときはバッテリーセイバーモードで周波数や電圧を抑えて使うのが一般的。オートマティックモードにしておくと、CPU に大きな負荷がかかると自動的に周波数と電圧が上がり、負荷が少ないときは下がる。

 PowerNow!テクノロジーと同様の省電力機能として、インテル社のスピードステップがある。また、AMD製のデスクトップパソコン用CPU の省電力機能として Cool'n'Quietテクノロジーがある。

はの一覧に戻る

用語解説:下島 朗(株式会社エントラータ)監修

page top