用語解説辞典

用語解説辞典 知りたい用語はここで検索

用語解説辞典トップに戻る

【パレット】

  • フローティングパレット

 パソコンの世界でパレットあるいはフローティングパレットというと、画面上を移動できる小さなメニュー画面のこと。

 ウィンドウズ版のワープロソフトなどを開くと、画面の上の方に操作ボタンが並んでいる。これを、ツールバーという。しかし、この他にも普段は表示されていない操作ボタンがあって、たとえばツールバーを右クリックするとリストが出て、その中から選ぶと表示される。

 こうして表示される操作ボタンの中には、ツールバーに追加されるのではなく、独立したボタンの集まりとして表示されるものがある。これがパレットで、マウスで移動できるほか縦横比を変えられるものもある。その機能が不要になったら、右上の「×」を押すと閉じられる。もちろん、よく使うものはずっと表示したままでもかまわない。

 この機能は、グラフィックソフトでもよく使われている。操作ボタンのパレットだけでなく、色や線の太さを選ぶパレットなど、いろいろな種類がある。説明書にも、特定のパレットを指して「○○パレットを開き・・・」などと書いてあることがある。グラフィックソフトのパレットは、「表示」や「ウィンドウ」といったメニューから開くことが多い。

はの一覧に戻る

用語解説:下島 朗(株式会社エントラータ)監修

page top