用語解説辞典

用語解説辞典 知りたい用語はここで検索

用語解説辞典トップに戻る

【パリティ】

 パリティチェックという使い方をすることが多い。これは、データの受け渡しをするとき間違いがないか確認する機能のこと。この言葉が出てくる状況はふたつある。

 まず、かつてパソコン通信の設定をするとき、設定項目の中でパリティチェック「あり」「なし」を選択するケースがあった。ただし最近は、ほとんど設定する機会がなくなっている。もし出てきたら、日本で通信する場合、普通は「なし」でいい。

 もうひとつは増設用のメモリーを買うとき。かつて使われていた SIMM と呼ばれるタイプのメモリー部品には、ファーストページや EDO-RAM といった種類があった。そしてファーストページには、パリティチェック機能「あり」と「なし」がある。

 基本的は「あり」の方が高性能だ。しかし、パソコンもパリティ機能に対応していないと意味がない。しかも、メモリー自体の信頼性が向上したためパリティ機能「なし」でほとんど問題ないとされている。

はの一覧に戻る

用語解説:下島 朗(株式会社エントラータ)監修

page top