用語解説辞典

用語解説辞典 知りたい用語はここで検索

用語解説辞典トップに戻る

【パターンファイル】

  • ウイルス定義ファイル

 コンピュータウイルスの情報を記録してあるファイル。

 コンピュータウイルスを発見したり退治するには、ウイルス対策ソフトを使うのが一般的だ。しかしウイルスは、どんどん増えている。そのため、ウイルス対策ソフトを買ったときのまま使っていると、新しく出てきたウイルスを発見したり退治したりできない。

 そこでウイルス対策ソフトは、ウイルス情報を独立したファイルにしておいて、そのファイルだけ更新すれば新型ウイルスにも対応できるようになっている。このウイルス情報のファイルを、パターンファイルとかウイルス定義ファイルと呼んでいる。

 ウイルス対策ソフトを使っていると、「ウイルス定義ファイルを更新してください」といったメッセージが出ることがある。普通は、そのソフトのメーカーのホームページなどから最新版を入手できるので、すぐに更新しよう。

 というより本来は、メッセージが出る前に定期的に更新して、常に最新の定義ファイルにしてないとウイルス対策ソフトを使う意味が半減してしまう。そのため今は、インターネット経由で最新ファイルがあるか確認し、自動的に更新する方式が主流になっている。

はの一覧に戻る

用語解説:下島 朗(株式会社エントラータ)監修

page top