用語解説辞典

用語解説辞典 知りたい用語はここで検索

用語解説辞典トップに戻る

【パソコンリサイクル法】

 2003年10月に施行された、資源有効利用促進法のこと。この法律によって、家庭で使っていたパソコンの回収、再資源化がメーカーに義務づけられた。

 なお、企業や個人事業者などが仕事で使っていた事業系パソコンの回収、再資源化は、2001年4月に施行された改正リサイクル法によって義務づけられている。

 パソコンリサイクル法が施行されるまでは、家庭で使ったパソコンは粗大ゴミとして自治体が処分していた。しかし施行後は、一定のルールに基づいてメーカーに回収してもらわないといけない。

 まず、2003年9月までに販売されたパソコンは、処分する際にお金がかかる。おおむね次のような金額だ。

 デスクトップパソコン本体、ノートパソコン、液晶ディスプレイ、液晶ディスプレイ一体型パソコンが3000円。CRTディスプレイ、CRTディスプレイ一体型パソコンが4000円。キーボードなどの付属品も引き取ってもらえるものの、デスクトップパソコンとCRTディスプレイをセットで処分すると7000円かかる。

 処分の手順は、(1)パソコンメーカーへ連絡、(2)メーカーから処分費用の振込用紙が送られくる、(3)処分費用を振り込む、(4)輸送伝票が送られてくる、(5)自分で梱包して郵便局へ持ち込むか、郵便局へ回収を依頼する。

 2003年10月以降に販売されたパソコンで、PCリサイクルマークが付いているものは処分費用が販売価格に上乗せされている。そのため、処分する際、上記の(2)(3)が不要になる。

 なお、事業撤退などでメーカーがなくなっている場合や、自作パソコンの場合は、従来どおり自治体が回収する。ただし、自治体によってルールが異なる。特に東京都は、JEITA という団体を通じてメーカーと同様の方式で回収している。しかも、メーカーによる回収より各1000円高い。

はの一覧に戻る

用語解説:下島 朗(株式会社エントラータ)監修

page top